スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

危険な広告



サッカーの試合でよく見かけるこの看板。
(赤い「KIRIN」)

すごく危険じゃないですかー?!

ゴールラインぎりぎりに設置されてる看板。
ここはまだ選手たちが全速で走り込む「フィールド」じゃないですか!!
その「生きるか死ぬか」のかかったフィールドに
殺人的な広告を掲げるとは・・どういう神経なの ?!


と、思ったら。

選手達は走り込んだトップスピードのまま
その広告をすり抜けて行く・・・


これ、目の錯覚を利用したもので
「90°システム広告」ってものなんだって。

実際の広告はものすごく細長い平行四辺形のシートで
フィールドに「立ててある」のではなくて「敷いてある」。
テレビカメラの位置からは
ちょうど立ち上がった看板のように見えるんだって。


すごいな〜。

今度の2/6のワールドカップ予選も
そんな「90°システム広告」に注目して観てくださいね!

不覚にも涙。

どうしていつも心動かされてしまうんだろう?
またしてもユニクロのCMにやられました。
(CMそのものには惹かれなかったけどね)

中谷美紀と大沢たかおが出演しているカシミアのCMで
後ろに流れる歌。

「大丈夫、いつも1人じゃない。
 僕が君を愛してるから」

もともとこれは「いじめをなくす」目的で
誰かを応援するために書かれた歌だそうです。
難しいメッセージで、ややもすると暗く重くなりがちなのに
カシミアのもつやわらかさと温かさがほわーっと伝わってくるような
やさしい歌詞とメロディと歌声なのです。
あらためて歌詞を読んで、思わず涙がこぼれました。
・・・こんなこと滅多にないんだけど。


この歌を届けたい人はいますか?
あなたが言えない分、この歌がその人に届きますように。
そしてその人があなたの温もりに包まれて
安心して眠れますように。


工藤慎太郎「君を想う」
歌詞は→こちらから

CM 好き嫌い

好き


ラブユニクロのWIDE LEG JEANS

  サトエリと松山ケンイチ。
  サトエリの脚の長さにはびっくりだけど
  それにも負けない曲の素敵なこと!
  熊木杏里の「朝日の誓い」という曲。
  この曲が聞こえて、「あ、いい歌」って
  テレビに聞き入った人、多いんじゃない?
  主演2人の雰囲気もなんとなくぼやっとしているし
  画面もグレイに曇っているし
  重たいはずなのに、曲がほわんとしていてホッとする。


ラブ明治フランの沢尻エリカ

  文句なしに見て楽しいCM。
  エリカ様のオーラ全開。
  平井堅の曲もぴったりね。
  15秒でたっぷりおいしいCMです。
  新作フランもこれくらいおいしいかな?



キライ。


失恋KIRINのFIRE

  大泉洋が「挽きたて〜、挽きたて〜」って叫び続けるやつ。
  放送時間を限定してほしい。
  夜に見たら騒々しくて・・・。



今回の「好き・きらい」の判定は
画面どーのこーのよりも
バックに流れてる音がそうさせたみたいですね。

なんだか幸せ




このポール・マッカートニーのiPod+iTunesのCMが
日本で流れていた記憶がないんだけど
ネット上で見てすぐに曲も買った。
初めて聴く曲なのになんだか懐かしくて、一緒に口笛吹きたくなる。
特にビートルズのファンというわけではない。
でもこの人って天才。
この意味がわからない人、人生を損してるよ。

ここを→クリック

CMで感動「カップヌードル」「明治安田生命」

日清カップヌードル「NO BORDER」



美しいの一言に尽きる映像。
何度でもいつまでも観ていたい。
デジタルハイビジョンCMですかね、これ。
ほんとうの宇宙から眺めているかと錯覚するくらいきれいです。

このカップヌードルシリーズ、最初は砂漠みたいなところにカップヌードルを一列にずらーっと並べて(つまりこれが国境)、少年だか少女が一つ手に取るとみんなも一つ一つ拾い上げて、やがては「NO BORDER」になるという作りだったと思う。他に戦車が登場したり、CMとしては結構重いものだった。
前回は宇宙ステーションみたいな内部。
今回は青い地球と台風の目、地平線から昇る太陽・・・
人種や宗教や政治やなんだかんだで争うことの無意味さを説いています。

このNO BORDERシリーズの音楽は全てミスターチルドレンが手掛けています。
今回の地球バージョン、最初は「and I love you」だったんですが、正月あたりから同じアルバムに収録されている「僕らの音」に変わりました。
これがまたいい歌なんですよ。
「♪虹を見たんだ、そこで世界は変わった〜」で
ちょうど太陽がピカーっと光るんです。
背筋がぞぞぞーっとするくらい感動するね。

このCMのすごいとこって、商品を出してないんです。
映るのは最後の一瞬。
でもなんという強烈なメッセージでしょう。

CMは日清のHP→こちらから
CMコンセプトなど丁寧に書かれていて、このCMにかける思いが伝わってきます。



素人写真をスライドショーする「明治安田生命」

これはいつ見ても目頭が熱くなります。
素人写真コンテストに送られた、素人さんが身近な人を撮った幸せの一瞬。
プロの写真でないところがいい。
あれはプロでは撮れないのだと思う。
下手なのに、写真に写る人たちは「いつもの笑顔」をむけてくれてる。
その安心感、暖かさ、幸せ感がこっちにじんと伝わってくる。

その「じんと来る」写真に邪魔にならない透明な歌は小田和正。
「時を越えて君を愛せるか。ほんとうに君を守れるか」

なにげない一日のなにげない幸せを、ここまで感動的にCMで表現してくれたのに、その会社が道徳にそむくことそするんだから
世の中さっぱりわかりません。




| 1/5PAGES | >>