<< トム・ハンクス「ビッグ」 | main | 今更ながら「冬のソナタ」 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

「ターミナル」

映画「ターミナル」オリジナル・サウンドトラック
今年1年間の最後に観る映画が犯罪やスプラッターでなくてよかった。劇場はおばちゃんで満員。それだけやっぱり人は「スピルバーグとトム・ハンクス」に期待してるんだろうなあ。きっと感動的なハッピーエンドのハートフルな作品だと。
隣の友人は泣きのツボで必ず号泣していたけれど、私の印象としてはコメディ。泣くというよりくすっと笑ったところが多い。
そしてエンディングでバタバタっとまとめられちゃった、て感じ。しかしそこはスピルバーグのマジックで、なんとなく幸せ感。持続しないほのぼの感。


しかし確かにスピルバーグ監督は引き出しが豊富だなあ。ご本人曰く、同じジャンルの作品を2つ続けて撮るらしい。最近では「A.I.」と「マイノリティ・リポート」、そして「CATCH ME IF YOU CAN」とこの「ターミナル」。

以下短いながらもネタバレ。
アメリア(キャサリン・ゼタ・ジョーンズ)があまりにもあっけなく引き下がったので、私も引いてしまった。彼女との設定は「にわか恋人」というより「先もある親友」にしていたほうが説得力あったのに。
インド人の清掃おじさんはあのあと一体どうなるの?強制送還?

スポンサーサイト

| - | 01:29 | - | - |

Comment

多分、他の人ともどもお咎めなしなんじゃない?
見方はふたとおり。問題が発覚するとまずいんで、なかったことにする、もうひとつは、トム・ハンクスの影響を受けて人間的に懐が大きくなり、ケセラ・セラ。

| カルマ岡政。 | 2004/12/23 9:38 AM |

Submit Comment









Trackback URL

http://thenightfly.jugem.jp/trackback/147

Trackback

『ターミナル』
■監督 スティーブン・スピルバーグ ■脚本 サーシャ・ガバジ、ジェフ・ナサンソン ■出演 トム・ハンクス、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ   彼は空港(そこ)で待ち続けた。約束を果たすために・・・ 東ヨーロッパのクラコウジアという国の小さな村から、ニュー

| 京の昼寝〜♪ | 2004/12/23 1:53 PM |