<< 7月の歌 | main | 博多の男衆は!惚れるぜ! >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

存在の耐えられないまずさ


仕方なく「うまいもん!」に分類したけども
ほんとは「まずいもん!」です。
臭いだけでもノックアウトされそう。
南フランスじゃポピュラーらしいけど、
食文化ってのはおそろしいね。

パスティスのトップブランド「リカール」
南仏に暮らす日本人の方のサイトで紹介されています。

次にまずかったのは沖縄の「パイナップル・ワイン」

スポンサーサイト

| - | 17:53 | - | - |

Comment

そ、そんなにまずいお酒がこの世にあるのか・・・?
ちなみにどんなにおい?

| カルマ岡政。 | 2005/07/13 10:06 PM |

薬草の臭いです、匂いではなく臭い。
日本では臭ったことのないものです。
お酒の甘い香りなど一切しません。
「良薬口に苦し」で言うなら、これはガン細胞も死滅せんばかりのまずさです。
しかしプロバンスでは体にいいお酒という扱いがあるらしく、日本で言うところの「梅酒」みたいなもんらしい。昔ベストセラーになった「南仏プロバンスの12ヶ月」とかいう本にもよく登場してて、その頃に買って飲んだものなので今現物はありませんが、飲まずに捨てたアルコールはこれとパイナップルワインだけです。
どこかのバーに行ってこれがあったら臭わせてもらって。
吐き気か失神だと思います。

| maxine | 2005/07/14 1:34 AM |

ええ〜っ!酔う前に吐いてしまうのか・・・・・・
これ、リカルドと読むのん?

| カルマ | 2005/07/14 9:06 AM |

リカールといいます。記事に南仏在住の方のサイトをのせました。
こうやってみるとすごくお洒落でしょ?
絶対においしいと思うでしょ?
漢方薬よりまずいです。
私は「カンパリ」のおいしさも理解できんわ。

| maxine | 2005/07/14 12:08 PM |

Submit Comment









Trackback URL

http://thenightfly.jugem.jp/trackback/312

Trackback