<< トップスのチョコレートケーキ | main | すぐれもの保存容器 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

とうとう来たか!


少し前からだが、なんとなくそうではないかと思い始め、ここのところやはりそうだ!と認めざるおえないような、現象が起きている。

その名は⇒「老眼」

なんていうことだ、え、絵が非常に描きづらい。

細くて、小さくて、まっすぐな線なんて、あああああもうイライラする。

近視+乱視に老眼まで加わり、早く遠近両用を作らないとただでさえぐちゃぐちゃな脳細胞がよけいぐちゃぐちゃになる。

このめがねはもう7年目。
大阪で、カルマがまだ女子高生の頃からおせわになってるめがねやさんでつくったものだ。

店長もショックを受けるだろうな。
なにせ、今の店長はずーっと昔からいるわけではないが、梅田店なんかにもいたりして、ちょくちょく顔はだしてたのだ。だから昔からというか、若かりし頃から知っているので、顔を見るたび「○○○ちゃんも老眼かける日が来るんやろか?」なんてことをよく言ってたものだ。
ひえ〜っ!

人間が生活する上での情報の80%は目から入るらしい。

本を読むために最近はめがねをはずして読んでいる。

かけたりはずしたり煩わしいので早くつくりたいのだが、どうもつくりなれてる店でないと心配だ。
似合うとか似合わないとかはっきり言ってくれるしね。

従って、大阪に帰省しないとつくれない。

という次第である。

スポンサーサイト

| - | 21:49 | - | - |

Comment

Submit Comment









Trackback URL

http://thenightfly.jugem.jp/trackback/414

Trackback