<< オシムジャパンを解いて説く | main | 伊丹の車窓から。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

テレビの嘘?

今日、初めてフジテレビ「牛に願いを」を観ました。

ストーリーはよくわからないけど
ロケーションはすばらしく
香里奈ちゃんが馬にのって見渡した景色は圧巻。
もちろん玉山クンの美しさも負けてはいない。
オリラジの人は演技がどうこう言う以前に
表情が全く変化しないことが不憫に思えたわ。

言いたいことはそんなことじゃありません。
牧場のお母さん?が倒れて手術が必要と診断されました。

さてその費用500万円。
これです、これが今日のお題です。

息子は「そんなお金はないからどうしよう」とうろたえ
どっかの親戚のおじさん?が
「少しでもたしにしてくれ」と札束を持ってきた。

ちょっと待って !!
入院して手術してもそんな費用いりませんよ!!

たしかそのおばさんは脳だか心臓だかの血管が
「狭窄」って言葉使われてて「心筋梗塞のおそれ」だか・・
そんな診断でした。
移植を必要とするわけでもない
まあいえばごく一般的な手術だったと思うんです。
保険治療?というか、とにかく全額支払うわけじゃないんですよ。
シロウトの私でもわかるのが
「高額医療保障」で、高齢者だとひと月7万円前後が上限です。
(今は多少変わっているかも。また収入によって上限は違います)

私の母も600万円に相当する心臓血管の大手術を受けましたが
支払ったのはひと月7万円程度に、実費の食費などです。
母は「国の制度もありがたいものがあるんだね」と言ってました。
まあ、国民健康保険料を支払っているとかいう前提があるのでしょうが・・・・
「牛に願いを」のおばさん(市毛良枝)が
最初っから500万円を請求される理由がわかりません。

テレビがあんなひどい嘘を言っていると
たとえば今、同じ病気をかかえている方が見ていたら
「500万もかかるなら手術は受けられない、あきらめよう」と
思ってしまいます。
助かる命がテレビの嘘によって途絶えることになりかねません。

これってすごい深刻な問題じゃない?

それとも市毛良枝さん演じるおばさん、
もっと深刻な病気だったのかしら?

スポンサーサイト

| - | 01:48 | - | - |

Comment

はい。たしかにそうですね。
義母は脳動脈瘤というもので手術を2回しましたが、いきなりなそんな金額請求されませんでしたよ。
なんか昔の少女漫画のようなストーリー展開ですねえ。

| カルマ岡政。 | 2007/08/16 8:48 PM |

Submit Comment









Trackback URL

http://thenightfly.jugem.jp/trackback/501

Trackback