<< 朝の虹 | main | 危険な広告 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

チャンスを逃す理由



最近、学生時代の友人の結婚式をきっかけに
昔やっていたバンドの再結成ライブをやりました。
新しくできた地元のクラブを借り切り、
前半に同窓会をかねたビッグイベントとなりました。

イベントそのものはそこそこ成功したと思います。
でもなぜかなんともいえない罪悪感もあるのです。

家庭を放って自分が楽しんだ。

バンドメンバーが男性4人であれば
練習の時間帯は仕事が終わったあと、必然的に夜の時間帯になる。
さすがに平日の練習にはあまり参加できなかった。
かといっても土日の夜に、
いい歳の主婦が、ダンナと小学生の子供2人をおいて
市内のスタジオに行くという日がこの1ヶ月に5回ほどありました。
練習が終われば「打ち合わせ」といいながら食事をし、
終電に駆け込む。
寝静まった家に帰ると、洗い物のたまった台所が目に入る。

あー、主婦業を放棄したんだな。

罪悪感が襲いかかり、重い現実に返る瞬間。

イベント前日には子供たちを実家に泊まらせて練習に出かけ、
イベント当日は洗濯をする間もなく会場に入ってリハをする。

2日間、自分の家を放っておいただけで
その「サボり度」は明らかな証拠を呈してくる。
テレビやパソコンにたまったホコリ、
シンクにたまったお皿、
汚れたトイレ、
洗濯物の山、山、山・・・・・
これらが私を責めてくる。

「あなたは好きな事やってきたでしょう?主婦業さぼって。」

自分が楽しんでくればくるほど
家に着いた時の精神的疲労感が強い。

こんな母親を子供たちはどう思ってるだろうな?
お手伝いさんがいたら済む話かな?
後10年先だったら子供たちも自立できそうなのにな。
でもその時には私は50代だな・・・
もっと早く子供産んでたら今頃楽だったかな・・・

そんなことを考えだしたら
主婦は新しい事にチャレンジして
なおかつそれを継続していくことなんてできないな。
そうやってチャンスを逃していくんだろな。

スポンサーサイト

| - | 02:07 | - | - |

Comment

Submit Comment









Trackback URL

http://thenightfly.jugem.jp/trackback/527

Trackback