スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

重低音のススメ2

Fly or Die
Fly or Die

ファレルがらみでもういっちょ。
この中の「She wants to move」はドラムがいい!
電子音でないところがいい!!
1000曲入るiPodなのに、ここ最近「重低音3作」しか聴いてない!!
試聴は→こちら




重低音のススメ

いつまでもトップ画像がKAT-TUNではさすがにイタイ。

最近いろんなストレスでかなり滅入ってしまいました。
その重圧から逃れるためといっても「お酒」は欲しくなくなり、「薬」にばかり依存するのもいやだった、私なりに見つけたいい方法があります。
車でぶっ飛ばすのです、大音響でカーステ鳴らして。
いい歳してタチ悪いですが、他の2つよりは前向きでしょう?

その「重低音」が実に心地いい2曲をご紹介しましょう。


In My Mind
In My Mind

まずはPharrellの「Can I have it like that」
iPodで再生すると音が割れるほどの仕上がり。車全体が振動します。
これ以外にも気に入った曲があり、かなり再生頻度の高いアルバム。
「変態的ファルセット」などと評されていますが、私も変態なのかな、
違和感なく入り込みました。
試聴できるpharrellのページは→こちら


YoYoYoYoYo
YoYoYoYoYo

続いてSpank Rockの「Rick Rubin」
エレクトロニックはあまり気分ではないけれど、このリズムは癖になります。かっこよさに関して言えばイチオシだけど、結果的にストレス発散になるような「元気の出る曲」でないところが残念。

両方ともiTunesからもポチっといってください→こちら







ドナルド・フェイゲン、13年ぶり新作

モーフ・ザ・キャット
モーフ・ザ・キャット
Donald Fagen

ドナルドおじさん、58歳。素敵すぎます。
いつまでもあなたは私の初恋のミュージシャン。
ちょっと気難しくてひねくれて。
24年前よりもさらに「毒」が加わったわね。
でもあなたの声とメロディーとアレンジはまるでマジック。
誰も真似できないわ。


「Hギャング」がシングルカットされているので、ラジオではよくかかりますが、5曲目の「The Great Pagoda Of Funn」は、あの「彩〜Aja」(※)を彷彿させます。
今も昔も、こんな難解なコードアレンジをやってのけたミュージシャンがいますか?
この「耳コピー不可能」な音に身を委ねていると、メロウな夜に時間を忘れてのみ込まれていきそう・・



注:サザンオールスターズの桑田さんはスティーリーダンやドナルドおじさんが大好きなので曲名まで拝借しています








どんな趣味やの?(音楽編)

Monkey Business
Monkey Business

セルジオ・メンデスの新作を朝から晩まで(職場にまで持ち込み)聞いている毎日、さすがにちょっと新鮮味に欠けてきて、ちょっといろいろリサーチしてみた。
結局はこのセルジオをプロデュースした「Black Eyed Peas」が一番いい。
このお方たち、相当かっこいいわ。
朝から「pump it!」ですよ。
車の中で聞いていたらプジョーに乗ってる気分になる(笑)
息子には「お母さん、もうちょっと音小さくしなあかんのちゃうの?」と言われますが。「Don't Phunk~」もたまらんわ。
同じように女性ボーカルをフィーチャーしてたマット・ビアンコとは月とスッポン、雲泥。

しかしこんなハイテンションなものばかりではありません。
先月には宮川彬良さんのコンサートにも行ってきた。
宮川さんは「マツケンサンバ」の作曲家というより、幼稚園までのお子様たちの教育番組「夕方クインテット」の方が認知度が高いかも。「マンボNO.5」は「運命(交響曲第5番)」からインスパイアされたものだとテレビで解説しているのを見て「この人は天才だ」と思ったのがきっかけ。
お父上も日本を代表する作曲家ですが、顔や体などの身体的特徴ではない「才能」部分が子供に受け継がれることは非常に稀であると思います。
宮川さんの話(だけでなく容姿も)は子供の興味をグッと惹き付けるものがあり、音楽好きの子供に育てるための導入としてはイチオシ。

それだけにとどまらない私の音楽趣味はオペラにも及ぶ。
荒川静香選手の「celtic woman」のみならずパバロッティの「トゥーランドット」でも涙が出ます。楽曲もすばらしいけど、それを表現する歌手がいてこそです。
「アンタッチャブル」でアル・カポネがオペラ鑑賞で泣いていたシーンを思い出します。

惚れ込む音楽のストライク・ゾーンが広すぎるのも
結構しんどいのよ(笑)







ドナルド・フェイゲンの新作

モーフ・ザ・キャット
モーフ・ザ・キャット

3月18日リリース。
買う買う、絶対買う〜〜〜〜!!!!

24年越しのソロ3部作。
「The Nightfly」を超えてほしいようなほしくないような。

今度はソロで来日してちょうだい。

Donald FagenのHPから試聴できます。なんと3曲はフルで聴ける!
「H gang」ええね〜。






<< | 2/10PAGES | >>