スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

ブラックコンタクト体験レポ


昨日突然思い立って、この「黒目が大きくなる」コンタクトを早速買いに行った。

私が買ったのは「ワンデーアキュビュー・ディファイン」。巷で話題の韓国製のものではありません。ちゃんと病院で検査してから購入。

劇的な変化を期待して装着したけども「あれ?」って感じ。ぱっと見はほとんど変わらない。よーく見ると瞳が「ペコちゃん」みたいに白黒はっきり境目ができる。冷静に見てみると気持ち悪いような気がする。「黒目」が強調されるので、瞳の透明感がなくなったし、髪の色や眉とのバランスがおかしい。

韓国製とか輸入物はきっと黒色がかなり濃く入っているんだと思う。
写真がボケていて申し訳ないけども、黒というよりグレーです。
たしかに私の瞳サイズよりほんのちょっとだけ大きいので、見ようによっては黒目がはっきりして大きくなったようだと言えますが、着けたまま友達2人に会って大きく目を見開いて「あなたの前にチェ・ジウがいる?」ときいても「はあ?」という答えが。私の人工瞳には全く気づいてくれませんでした。残念。

じっくりあれこれ眺めてみて思った感想・・

1。もともと目が大きくて瞳がはっきり見えてる人には効果大。
2。おばちゃんがこれによってかわいくなるということはありえない。
3。2の理由は、そもそも白目が濁ってきているので、黒が映えない。
  黒目を強調する前に白目をクリアにするほうがよっぽど若返る。
4。確実に効果を出したいなら輸入物がいいかも。
  しかし安全性は保障されませんよ。
5。やはり「ワンデー」シリーズはレンズのサイズが大きいので、
  装着に違和感が。「フォーカス」をコーヒーカップの受け皿だとすると
  「ワンデー」はドンブリに近い大きさと丸みがある。

私は左右の目の視力が同じなので、1箱30枚を3500円で購入。

瞳だけはチェ・ジウに!









普段は1日使い捨てレンズとメガネと裸眼をTPOに合わせて使い分けてます。最近テレビでちょっと気になってた「黒目を大きく見せるコンタクト」。どっちみちコンタクトするなら・・といろいろ調べてみたら

着けてみた誰もが「かわいくなる」と絶賛!
なんでもチェ・ジウとか韓国女優から火がついたらしいやん。確かにあの人の黒目は不自然に真っ黒だった。
今はいろんなタイプがあるようで、ここまでできるんなら瞳の色なんてのはもう生まれつきのものじゃあなくなるね。エイリアン型とかハートとか。若かったら試しただろうなあ、グレーとかグリーン。・・この歳でチェ・ジウに並んで見せようってのもどうかと思うけど(笑)。

でも「下手に服やメイクにお金かけるより、こっちのほうが確実」とか「プチ整形みたい」てなコメントも多々あるので、「なんだか最近瞼が重くなってきたから、二重の幅を大きく整形したいな」なんて恐ろしい願望が芽生えだしたので、まずはこっちからチャレンジ。私は海外物の通販に手を出す勇気はないので、ワンデーアキュビューのディファインにします。

豆知識:
使い捨てコンタクトのメーカーを決めるとき、「アキュビュー」と「フォーカス」の2社を試しました。「アキュビュー」はサイズが大きいのではずしやすいが着けにくい。「フォーカス」は反対に小さいので着けやすいがはずしにくいらしい。私は「アキュビュー」だと装着するのにレンズにしわがいってしまうことがあったので「フォーカス」にしてます。はずしにくいとは感じなかったよ。






クセになる履き心地


春の陽気のせいか?花粉症のせいか?はたまた更年期のせいか!!!
眠いのであ〜る。
そんな症状でおなやみの方このスリッパはどうでしょう。
サイズは17cmぐらいの長さなんですがちゃんと大人サイズです。とうぜん土踏まずがこのスリッパのかかとにあたります。しかも全体にイボイボがついているので履き始めはイタイです。脳みそがキーンとします。これがまたいいんだ。このスリッパのおかげで、家の中ではこの冬中ずっとはだしでした。なんでも世間様ではこのスリッパのことをダイエットスリッパと呼ぶそうで・・・ダイエットに効くかどうかはわかりませんが、少なくとも脳みその目覚めには効きます。

収集が趣味になるシューズ


スニーカーでない「ぺちゃんこ靴」を冬の時期に見つけるのは苦労しました。
ビルケンシュトックの靴は種類は多いけどたいてい店に置いているのは数点しかないし、靴をネット注文するのも不安がある。そしたらたまたま、友達がやってるお店でこれ(写真右上)を発見し、25センチにもかかわらず(私の足は23)即決。このタイプ、こう見えても小じゃれたロングブーツが買えるほどのお値段だったのよ。でもほとんど一冬この靴で過ごしたわ。色といい、先が丸いデザインといい、チビっこな私にはぴったりなのだ。

スウェード素材がそろそろ暑い季節になり、次に探したのが写真右下タイプ(カレイドスコープという名前で、中敷きがほんとに万華鏡みたいな派手なカラーになってる)。ところが限定品ですでに完売!つま先が見えるタイプはまだ早いしなあ・・と、先週地元にオープンした百貨店をうろついていると、靴売り場にビルケンコーナーができていて、これが並んでたの!(百貨店以外でもビルケンをどっさり置いているショップが多くなってた)
それから調子に乗ってさらに1足。それでもまだ欲しくて「息子のために」と理由をつけてもう1足。あわよくば兼用で履いてやれと思っていたのに、息子の方がダントツ足がデカく、私が履くとつま先が前から飛び出してしまう。チクショー、次は「フラミンゴ柄」を買ってやるー。

サンダルごときにこんなバブリーでええんかいと思ってはいたけど、ショックなことにこれと全く・全く!全く!!同じデザインのコピー商品がABCマートにほぼ半額でズラリと並んでいたのよぅ→息子のはこっちで十分だったやん。
定番デザインは仕方ないとしても、季節限定の柄とかあそこまでコピーしていいのん?

ところで靴というのはカバンと並んでファッションにおいて重要なポイントを占めていて、その人のセンスが顕著に表れる部分であります。一見チープに見えるカジュアルスタイルでも、靴と鞄を見ればそれがおしゃれなのか無頓着なのかがはっきりとわかってしまいます。特に男性は要注意!

探している物

蓋をあけてバレリーナの小さなお人形を鏡の上にのせると、くるくる回るオルゴールが欲しいんです。
上記リンク先のページの中でも、2001年と2002年の型のものです。
くるくると回るわりには滑らかでない動きのバレリーナが、なんとも愛おしい、とても夢のあるオルゴールでした。小さい頃から欲しかったけど買ってもらえず、育ちのよさそうな友達のものをうっとり眺めていたものでした。
こんな古典的なものなら簡単に入手できるだろうと思っていましたが、ところがこれがどこにもない。オークションにも出ない。その筋の方に問い合わせたが「製造されていない」。嵐山のオルゴール館に行ってもない。家にある物はたとえどんなものでも捨てられないというおばあちゃんがいる友達の家に、最後の希望を託して聞いてみたが「ごめん、ないわ」。
結局、オークションでの出品を待つか、骨董市を張るしかないらしい。
どなたか物持ちのいい「昔は深窓の令嬢だった」方、名乗り出てもらえませんか?

<< | 2/3PAGES | >>